2015年04月30日

石川県内での取り組み 人口減少時代の対策が始まりました

金沢講演.jpgh27年2月 石川県地場産業振興センターにて、里山里海保全活動のあり方として、人口減少に対して、どのような対策を練っていくのか、フォーラムを通じて検討を行いました。
まず、人口ピラミッドを作成し、将来の人口ピラミッドの予測を明らかにすること
その上で、どのような人口ピラミッドを将来作り出すことが可能かを考えること
その対策として、毎年、数名の移住者、又は、半居住者を迎え入れること
ここで、最大の課題は、移住者の生業の設計です。
今ある集落行事の一部を移住者とシェアする
今後の活性化政策を移住者とシェアする形で進める
移住者には、ローカルコモンズ等、集落のルールを守ってもらった上で共有の恵みが受けられるように集落内の合意形成を事前に計るなど、
受け入れる集落が、集落を移住者に開いていく対策が、一番重要です。

年齢構成は、集落の人口ピラミッドにもよりますが、高校、大学、就職で流出する若者を補完するためには、
20代30代の子育て世代の若夫婦が理想です、
場合によっては、人口ピラミッドを平均化させるためには、50代60代の移住者も必要になります

石川県内では、里山里海の施策を進める中で、H27年度このフォーラムをきっかけに、閉村した集落、閉村間際の集落、今後の対策が急務の集落への聞き取り等が行われる予定です。
東京農業大学農山村支援センターと森里川海生業研究所では、この聞き取りを県内NPOと連携して実施予定です。
皆様の地域の里山、里海でも、同様に、対策の検討をお願いいたします。
人口減少時代にも打ち勝つ、元気な里山里海づくりを行いましょう。
事務局長 竹田純一
posted by nariwai at 09:29| 農山村

2015年03月09日

再生可能エネルギーを活用した地域活性化の手引き

「再生可能エネルギーを活用した地域活性化の手引き〜森林資源と山村地域のつながりの再生をめざして〜」
のPDFファイルを公開しました。

tebiki_ene2015.jpg東京農業大学農山村支援センターでは、平成25〜26年度に林野庁補助「森林資源総合利用指針策定事業」を実施し「手引き」をとりまとめました。
参考としてご活用いただければ幸いです。

下のリンクからダウンロードしてください。
tebiki_ene2015.pdf (約32MB)
【お詫びと訂正】
発行した手引きに数カ所の誤りがありました。上記データは修正済みですが、配布した印刷版、すでにダウンロードされた場合のために正誤表を作成いたしました。お詫びして修正いたします。また、関係者の皆様にはご迷惑をおかけしました。
正誤訂正表(約128KB・PDF)

【対象と位置づけ】
 この冊子は、木質バイオマス発電や熱利用、太陽光、風力、水力、地熱発電などの再生可能エネルギーを活用して、山村振興(地域活性化)につなげていくための基本的な知識を整理し、計画策定や事業に向けた考え方を、先進事例の調査等をふまえてとりまとめたものです。
 主に、山村地域の自治体職員の方々などに向けた参考書として使っていただくことを念頭にしています。自治体には、森林・林業にくわしくても、再生可能エネルギーについてはとりかかりが分からない、あるいは、逆にエネルギー政策にはくわしくても、森林や林業の状況には明るくない方もあることでしょう。
 そのため、使い方としては、
 □ 全体を通して読み、基礎知識を入れる。
 □ 知らない分野のみ目を通し、必要に応じて参考資料や事例にあたる。
 □ 実際の導入を想定した検討項目や手順を組み立てる際に必要な要素や情報を整理する。
ことを想定しています。

【主な内容】
『第1章』は、山村・森林の現状と、再生可能エネルギーについての概論です。

『第2章』は、木質バイオマス発電・熱利用についてまとめています。この冊子のメインテーマです。
 2−1は、木質バイオマスの種類や利用方法を整理しています。
 2−2は、注目度の高い木質バイオマス発電について、前半に概論を、後半に、森林・林業や地域との関わり方に
ついての考え方をまとめています。
 2−3は、木質バイオマスの熱利用です。給湯・暖房など、主に化石燃料からの転換について、概論と考え方を整理しています。ここでは、地域熱供給や、市民参加型収集などについても取り上げています。

『第3章』は、太陽光、風力、水力、地熱発電などの木質バイオマス以外の再生可能エネルギーについて基本的な情報を整理しています。

『第4章』は、木質バイオマス利用を中心に、再生可能エネルギーの利活用を地域活性化に結びつけるための計画策定、合意形成、体制構築、地域活性化の社会的、経済的考え方をまとめています。

『第5章』は、参考資料の紹介です。実際に、再生可能エネルギーを地域に取り入れる場合などに必要なマニュアル、資料、支援先等を一覧にしました。

『第6章』は、事例編では、木質バイオマス発電、熱利用、再生可能エネルギーを活用した地域活性化等に取り組む事業者、自治体等を実際に調査し、特徴を整理したものです。

 第1章から4章の本文中には、その項目を深く学び検討するために、「第5章 参考資料」「第6章事例編」を参考・関連として紹介しています。ぜひご活用ください。

 この冊子は、平成25・26年度の林野庁補助「森林資源総合利用指針策定事業」を活用して作成しました。現地調査等で多くの自治体関係者、森林・林業事業関係者、発電等の事業者の皆様、ならびに、冊子策定にあたり関係する専門家の皆様にご協力をいただきましたことを、心よりお礼申し上げます。

注1:この冊子では、燃料に用いられる木質資源等を木質バイオマスと表記します。また、それらの発生場所により、間伐材、未利用材、林地残材等と表記しています。
注2:本手引きは平成26年度現在の固定価格買取制度を前提としています。未利用木材による木質バイオマス発電については5,000kW級の規模が採算ラインとされており、それを前提としています。

posted by nariwai at 21:31| 農山村

2015年01月20日

2015年3月3日(火)山村振興セミナー

山村振興セミナー
木質バイオマスを活用した山村の地域活性化を改めて考える
発電、熱利用の課題と可能性

平成27年3月3日(火) 15:00〜17:30
東京農業大学世田谷キャンパス
参加費無料(申込み制)

チラシ(PDF) 山村振興セミナー20150303(708KB)

【セミナー内容】
■主催者より手引きの紹介
「再生可能エネルギーを活用した地域活性化の手引き
 〜森林資源と山村地域のつながりの再生をめざして〜」
■事例報告(順序、タイトルは仮)
 ・北海道下川町「一の橋ビレジ集住化と木質エネルギー活用による集落再興」 
 ・岩手県紫波町「紫波オガールタウンでの地域熱供給事業と森林再生」
 ・岡山県真庭市「発電、熱利用、小さな里山資本主義」
 ・徳島県三好市「高効率薪ボイラーによる小規模熱利用の一斉転換による効果」
■ディスカッション
 事例報告者4名
 熊崎 実氏(木質バイオマスエネルギー利用推進協議会 会長)
 渋澤寿一氏(NPO法人樹木・環境ネットワーク協会 理事長)
 宮林茂幸 (東京農業大学 地域環境科学部 教授)
*終了後、学内にて情報交換会を行います(会費制)。

イベント用写真(里山).jpg

【情報交換会】
18:00〜19:30 於:学内食堂
会費:2,000円軽飲食あります。
関係者とのネットワークづくりに、是非ご参加下さい。

【お申込み・お問合わせ
「山村振興セミナー申込み」として
1:お名前
2:ご所属
3:連絡先(メールかFAX)
4:情報交換会(参加・不参加・未定)
下記までご連絡下さい。
締切2月27日(金)。

東京農業大学 農山村支援センター
〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
(mail)
2015@nousanson.jp
TEL:03-5477-2678
FAX:03-5477-2609

【会場と交通】
東京農業大学 世田谷キャンパスアカデミアセンター横井講堂
小田急線 経堂駅/千歳船橋駅より徒歩15分
渋谷駅よりバス30分(渋23/渋24「農大前」下車)
http://www.nodai.ac.jp/access/map_s.html
(東京農業大学交通案内)

イベント用写真(山仕事).jpg

【開催趣旨】
本来多面的機能を有する我が国の森林は、近年、利用の低下・整備の遅れ等によりその機能を充分に発揮できない状況が増えています。一方、森林や山村文化の担い手である山村地域は、過疎高齢化等の問題を抱え、地域の維持・活性化が焦眉の課題となっています。このような中、再生可能エネルギーへの社会的関心の高まりを受け、林地残材等のエネルギー利用を一つのきっかけとして、森林資源を持続可能な形で活用し、地域の新たな産業・なりわい・暮らしの構築やコミュニティの再生に結びつける方法が模索されています。
 本セミナーでは、実際に取組む地域から事例報告をいただき、取組みに際しての課題と解決方法、木質バイオマス利用を地域づくりにつなげるポイント等について意見交換を行います。また、農山村支援センターが2年間の現地調査等を経て作成した「再生可能エネルギーを活用した地域活性化の手引き」を紹介し、山村の地域づくり推進に向け情報共有を図ります。

イベント用写真(発電所).jpg

【事例報告地域概要】
北海道下川町
森林を「町の資本」「生業の糧」と位置づけ、循環型森林経営を60年かけて確立してきた下川町。全国に先駆けて平成16年度から木質バイオマスのエネルギー利用に取り組んでいます。平成22年度からは、中心市街地から外れた過疎集落で、集住化と木質バイオマスエネルギーの活用による地域熱供給を実施するとともに、余剰熱を活用した新産業の創出や、地域おこし協力隊を導入した定住促進、コミュニティビジネスの創出に取り組んでいます。集落内で新たな仕事と雇用が生まれ、新生児が3年連続で出生するなど効果が表れ始めています。過疎山村集落の自立と再生を図るパイロットモデルと位置づけて取組む、下川町の事業について紹介いただきます。

岩手県紫波町
平成12年から循環型まちづくりに取り組んできた紫波町。「森林資源の循環」の一つの形として、紫波中央駅前エリアでの地域熱供給事業を企画。民間企業と連携し、エリア内に設置した「エネルギーステーション」の木質バイオマスボイラーから熱を一括供給。一般世帯やテナント事業者を対象に「熱を売る」新たなビジネスモデルを構築しています。また、松枯れが蔓延した森林を再生すべく被害木を燃料として活用するとともに、里山林の整備を農林家・非農林家を含む市民参加型で推進しています。集約化しにくい小規模里山林が多い地域で、木質バイオマスの利用面と供給面の双方で新たな仕組みづくりを進める取り組みについて紹介いただきます。

徳島県三好市
急峻な山々と渓谷が連なる徳島県三好市。戦後植林された森林が伐期を迎える中、搬出経費がかさむため手入れ不足が目立ってきた森林を活用を軸に整備推進するため、低質材のエネルギー利用に着目。資源としての経済価値を生むため、市では5つの公共温泉に計15台の高効率薪ボイラーを平成25年度に一斉導入しました。供給主体は、素材生産から木材加工・製品づくりまでを手がける地域の林業会社です。薪を選んだ理由、供給体制の構築、地域の林業振興との関わり、温泉施設側での経済効果等、新たな薪ボイラープロジェクトについて紹介いただきます。

岡山県真庭市
中国山地の中程に位置する木材集積地、真庭市。木質バイオマス活用の先進地として知られますが、その取組は、平成5年、地域の若手経営者が集まり地域の将来を考える「21世紀の真庭塾」から始まりました。製材所の廃棄物利用から始まった木質バイオマス利用は、木質新製品の開発、市役所等各施設への木質バイオマスボイラー導入、未利用材の集積システムへと発展。現在、地域を挙げて取組む木質バイオマス発電事業が稼働を迎えるなか、里山に囲まれた公共温泉に薪ボイラーを導入するなど熱利用も併行して推進しています。こうした柔軟な取組の背景には、関係主体の徹底的な話合いとビジョンの共有、ノウハウの蓄積、官民一体の推進体制等があります。自分達の地域の将来は自分達で創る―真庭市の取組を紹介いただきます。
イベント用写真(薪ボイラー).jpg

主催:東京農業大学 農山村支援センター
林野庁補助 平成26年度森林資源総合利用指針策定事業

posted by nariwai at 15:49| 農山村