2021年10月02日

「循環と共生の思想」

 水を引き、田畑を耕し、家を建て、茅をふき、土を練り、絹や綿を紡ぎ、家畜を飼うという人々の暮らし。この日本人の原風景の暮らしの中に、私は、日本における自然共生思想、里山における循環のメカニズムがあったと思います。ほんのひと昔、私が生まれる直前の昭和30年頃まで、全国いたるところで世代を超えて営々と継承されてきた生活文化です。
この循環と共生の思想、里地里山のメカニズムは、今日ほぼ絶滅しました。
日本人の暮らしは、この自然循環の一員から離脱して、地球規模で水や食料、燃料の移動を行う新たなライフスタイルを構築しました。しかし、かつて私たちと共に暮らしてきた里地里山固有の生き物たちは、すっかり変わってしまった水の王国と雑木林の遷移の中で、絶滅に追い込まれています。人間以外の生き物たちにとって、人の暮らし方の変化は、自然環境=生存環境そのものの変化であり生存基盤の崩壊だったわけです。
posted by nariwai at 04:13| 里地ネット

「森から野へとつながるパッチワーク」

里山循環図.jpg水田がつなげる水のネットワークだけでなく、奥山の原生林から雑木林、野原、草地と、水辺からつながる緩やかなネットワークが形成されていました。
田んぼの日当たりを良くするための周囲の林の刈り込みは、水田周辺に草地を生み出し、次第に雑木林へとつながる緩やかな植生の変化、多様性を生み出しています。雑木林の中でも、田畑の肥料づくりのために、落ち葉を集め堆肥が作られていました。クヌギ、コナラ、マツなどの薪炭利用、椎茸栽培も、農家が作り出した里山の林です。この林は、10年〜30年周期で伐採し活用されてきたために、樹齢の違うクヌギやコナラ林の美しいパッチワークが形成されていました。
posted by nariwai at 04:08| 里地ネット

「ふるさとの風景」

原風景.jpg私たちのおじいさん、おばあさん、その又、祖父母…。里地里山には、私たち日本人の先祖が弥生時代に水稲稲作を始めて以来、絶やすことなく続けてきた自然に対する働きかけがありました。豊かな森の恵みを受けて、山と里の境に湧きだす清水を活かし、水の利用を開始しました。山間の傾斜地には棚田を設け、谷あいの集落には谷戸田を開き、河川の氾濫原には沼田を設けました。それらの水田に春に水を引きこむと、日本の国土は数週間のうちに水の国に生まれ変わります。初夏までの間、絶やすことなく田を潤すことで、田んぼ、溜池、小川、河川や湖沼、海がつながり、生き物たちは、農家が作った水の大国の中で産卵し子孫を残してきました。
posted by nariwai at 04:06| 里地ネット