2021年10月02日

村上光太郎先生との出会い

10年ほど前、岡山県真庭市役所と林業研究会婦人部からの照会があり、杉の産地で、山の幸を使った加工品が作れないかという相談があった。
現地を訪問したのは、2011年頃だったが、林業研究会だけあって、家業は、林業で山主たちの集まりである。林業家とその婦人部の面々が楽しく加工できる商品は何か、談話を重ねる中、徳島県上勝町のはっぱビジネスの創設期にもかかわり、徳島大学時代「徳島新聞に「薬草の連載」をしていた、村上光太郎先生から薬草の指導をしてもらえあいだろうかという話になった。村上先生は、何処におられるか? 調べてみると熊本県崇城大学で、教鞭をとられ、薬草園での栽培指導や、薬草料理のコーディネート、薬草シンポジウムの開催を企画されていることが分かった。早速、先生に連絡を取り、遠路はるばる真庭市まで年6回位の予定で、薬草指導に来ていただけることになった。
posted by nariwai at 03:49| 生業研